スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事!!! 



このブログ、一応ピアノブログのつもりで書いてきたのですが、だんだんとネタが少なくなってきた(笑)

そらそうですよね、私のようなピアノ初心者、ピアノ(音楽)の世界のほんの一部しか見えてないです。知識も、ピアノに向かっている時間もそんなにたいしたことはありません。

これで、毎日書こうと思ったら・・・・毎日書かなくてもいいか~~(;一_一)
イヤイヤ、毎日とは言わず、できるだけ何か書くこと、発信する事も目標の一つだったわけで。

趣味の一つとしてピアノをやっている訳ですが、最近、それなりに中年になってきて、ちょっと疲れてきて、思う事があります。

俺の人生って???? そんなに、ヘビーに深~~くではないですが、考えます。

ピアノや音楽が私の生活の中で、大切な役割を占めて欲しいと願うと同時に、実際の生活では、仕事が大半の時間を占めています。当然ですが、私の人生の中で、仕事が占める割合は大きいのです。ただ稼ぐだけの仕事にはしたくないと最近特に思っているのですが、自分の仕事の事なくして、私を表現することはできないと、今、思ってしまいました。

と、いうことで、仕事の事も書こうかな~~~と(笑)
カテゴリを増やしました。

これでネタが増えるはず!やった!

つまらないとは思いますが、付き合ってくれると嬉しいです。


で、簡単な仕事での自己紹介です。

私の仕事は司法書士です。東京の端っこで細々と仕事をしています。まあ大々的にやる仕事でもないとは思いますが。昭和の時代に資格を取って、開業してからもう23年経ってしまいましたね。いつのまにか。

司法書士って、分からない方もいらっしゃるでしょうが、イメージとしては、お堅い職業です。やっている私は本当は意外とふらふらしているのですが、仕事上はちゃんとしっかりしたイメージを保つように頑張っております(依頼者が不安にならないように)。悩み、アセアセしながら毎日を過ごしております。


もちろん、プライバシーに関する事や、秘守義務に反しそうな事には一切触れません(当たり前か!)まあ一般論で終わるという事なので、面白くないかな~(笑)
でも思っていてもなかなか人に話せない事でもあるので、思うところを書こうかな(-.-)


↓ポチりとして頂ければ、愉しい話が浮かぶ、、あは、それはないか(笑)
クリックして頂くと嬉しいです(^_-)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

私のクラシックの知識( 一一) 

私のクラシックの知識の披露といっても、本当に大したことはありません(-.-)

小中高とまじめな私は、音楽のテストではほぼ百点だったと思う。それが何だというねん!

音楽の父→バッハ という知識は残っているが、それがどうした、最近坂本龍一さんの出ていたスコラだったかな、その番組で調性にによる音楽を始めたのがバッハだったので音楽の父と呼ばれている????ふ~~~んそうだったんだ~~???いまいち腑に落ちないけど、なんとなく理解。そんな感じです。

ベートーベンさんの名前は知っていました、ジャジャジャジャーン の運命、田園のレコードをなんとなく買って聴いた覚えはあるな~ 歓喜の歌の合唱も知っていた。モーツアルトさん、ショパンさん、シューマンさん、ドボルザークさん、えーとえーと、あと何故だかホルストさん(惑星のレコードを持っていました)。

そんなもんです(^.^)曲を聴いて、「これはベートーベンのピアノソナタ何々の第二楽章ですね」なんていうことに憧れますが、何となく遠い話に聞こえます。


最近はショパンさんのワルツ集やノクターン集を聴いておりますが、ちょっと前までノクターンっていうのは曲の名前だと思っていました。曲に名前がついてなくて、番号で示すのに、なんでやねん。と突っ込みを入れております。

クラシックの音楽を聴くのはそれなりに好きですが、私の青春時代は、オフ・コース、中島みゆき、アリス、井上陽水とか洋楽だとビリージョエルとかバンドブームでTOTOとかを聴いていました。

クラシックの話をしている人を見ると、すご~~く憧れます。体系的に理解していたり、膨大な楽曲があるし音楽も流れていないのにお互い音楽を頭に浮かべながら、知識を共有して話をしてるって、素敵(=^・・^=)

これってもちろん、今までの学習、経験や興味の深さが違うってことなんでしょうね(笑)

私の大好きなミュージカル女優さんに「笹本怜奈」さんがいます。ミス・サイゴンというミュージカルで「キム」役をしていたとき、すごーく長いキスシーンがあるのです。相手役が原田優一さんの時だったのですが、私は「ここでその長さはいかがなものかと(-"-)」とスゴーク細かな突っ込みを入れたくなりました。

興味の深さが、物事を詳細に観察するポイントだと考えるところです(^.^)/~~~


ミス・サイゴン今度は何年後にやってくれるのかな~~

何とこのブロク毎日更新を心がけて、三週間が経過しました。
あなたのポッチ↓のおかげです。ありがとうございます。
今日もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

自己紹介(2) 


私は小中高と合唱部にいたので、楽譜は一応読めますというかオタマジャクシは読めます(^.^)

パートはベースだったのでヘ音記号も声が出るところまでは瞬間に読めます。

しかし、右手と左手が別々に動くのは特殊能力だと感じていました。今もですが(-"-)

ちなみにレッスンは毎週火曜日30分という、ある意味ハード(一週間はすぐに経ちます)
レッスンを受けるにあたって、どんな練習、教本、曲をするか先生と話合ったのですが(先生もおじさん初心者のレッスンは初めてだというし)ひとまず、やってみよう!!!!ということになりました(なんじゃそれですが)
テキストとしては「おとなのためのピアノ教本」橋本晃一編 というやつです。

最初はバリバリ進んで行きました、最初のほうは楽譜の読み方から入るので、私にとっては楽チン。
ちょっとして簡単なコードの知識に入り、これも簡単であれば知識内ですのでOK、先生前での緊張も解けてきて、教本も三冊目を終わるころに、何か、もやもやしたものが私の内から出てきました。

私のピアノレッスンのイメージとちょっと違う!!!と

私のピアノレッスンのイメージは最初はバイエル、それと全音の青い楽譜なのです(笑)

バイエルは色々ネットで調べたりして今は不要論があるとかでなんとなく腰が引けてました、で、私が楽譜屋で見つけてきた本が、「ブルクミュラー25の練習曲」です。

先生に、差し出して「これやりたい!!」と。「ではやりましょう!!」となったのが、レッスン開始から3カ月ほどたったころでした(ちなみに月謝が少し上がってしまいました(笑))

自己紹介(1) 


私のピアノ歴 高校の時にバンドで1年ほどキーボードなるものを叩いていました。

左手は大きく開いてオクターブ、右手はコードを覚えてCDF等々(ちっちゃな文字は見えなかった)一生懸命叩いてました(笑)

それから二十数年して、何を思ったかピアノが弾きたい!!!ピアノを楽しみたい!!!という思いが募ってきました(^.^)

ネットをうろちょろして調べてたら、やっぱりレッスンに行くべきだ~
ということで、2009年3月からピアノレッスンに通うことに。

まあ、このピアノの先生を探してレッスンを受けること自体、おじさんにはかなりの勇気がいることなのですが・・・・

そして月日を重ね、今現在レッスンを受けだしてから1年9カ月ほぼ毎日鍵盤に向かってきました。

今の目標 3年間続ける そして その時生ピアノを買う(今はデジピ)

大人ですから、継続する事の価値は十二分に知っているのですが、最近はモチベーションが下がり気味です。
やばい、このままでは 色々な言い訳(仕事が忙しい、付き合いが、家族が・・)が私を、折角楽しく
思えるピアノライフから遠ざける結果になりかねない。

ということでブログを始めてモチベーションアップしたい(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。