FC2ブログ

はんこの話し 


今日は、少し「はんこ」のお話、少し前の記事で筋肉痛になったので何となくですが(^_^;)



私は仕事上、「はんこ」のある書類を取り扱っております。ペーパーレスだインターネットだ~と言ってもまだまだハンコ社会。

まあ、私自身は一応「電子署名」なるネット上でのハンコも使いますが(訳わかんないのであまり使いたくないですが)まだまだ社会ではごく一部。


ハンコを押す意味は、確認したよ~~とか、間違いないですよ~~と言う感じですよね。


で、ハンコの種類ですが私は二種類しかないと思っています。

「実印」と「それ以外の印」です。

当たり前に感じる人は別にして(笑)今まで山のように説明したりしているので、ピンとこない人もそれなりにいらっしゃると思います。

「実印」は役所に印鑑登録しているハンコの事。印鑑証明書のハンコ。

(立派なハンコでなくても良いのです。100均で売ってる三文判は同じ印影ばっかりだから出来てもしない方が良いと思いますが、例えば「芋判」が登録できるなら(できないかど(^_^;))それでもOK、だって印鑑を見る必要はなくて「印影」しかみないし。名字が変わる可能性のある人は下だけの方が良いかも)

だから、基本、印鑑証明書と一緒に使います。なんたって印影を確認する事に意味がありますから。

私が普段見ている押印が必要な書類は大別して「必ず実印じゃなきゃいけない書類(法律上要求されているもの)」「実印のほうが良い書類(法律上の規定はないけど問題起こると大変なのでちゃんとしておこう!)」「まあ色がついてりゃ良いか~」の三種類です。


で、お客さんに「この書類には実印を押して、印鑑証明書1通お願いしますね♪」

と言うと、「実印ないんですけど~~~」とか、まああります。

「では、区役所に行って登録して下さい。登録の仕方は・・・・・・・・・・・印鑑はこんな感じで~~~~」

と、話が長くなります(^_-)


自分に余裕がないと「そんなの当たり前だろう~~~」と、思ってしまったりする事もありましが、「当たり前じゃない人も当然いる」と最近、思えるようになってきております。



↓ピアノ話ではありませんが<(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト