スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いだした~ 

今日は、ちょっと暗い話です<(_ _)>


今朝、テレビを見ていると、元キャンディーズのスーちゃん、田中好子さんの声が流れていました。

キャンディーズやピンクレディー世代の私です。大好きな「ちゅらさん」の勝子さん役は素敵でしたね。



母の事を思い出していました。

苦しそうな、ぼ~としている感じ。そういえば、こんな感じの声だったな~

母にがんが発見されたのが私が小学校五年の時、私が高校二年の時に亡くなったのですが、最後のあたりはかなり激痛だったらしく、モルヒネで痛みを抑えていたようです。

でも私にはそんな姿を見せた事がなかったです。

一度、病室のドアを開けようとした時、すごいうめき声が聞こえてきて、固まってしまった事を今でもはっきりと憶えています。少し経ってから病室に入るとスヤスヤと眠ってましたけど。

後で聞いたのですが、私の前では穏やかな顔をしようと努めていたようですが、自分の兄妹や父母にはそれなりに愚痴や恨みごとを言っていたそうです。

それを聞いた時、すごくほっとしました。


田中好子さんの、あの力を振り絞って伝えてるメッセージは真実の一面を表しているとは思いますが、別な面も当然あって、それを受け止めてくれる人がいてくれてたらいいな~と思ってしまいました。

冥福を祈ります。





ポチしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

こんにちは。わっちです。

キャンディーズやピンクレディーの世代ではなく、よくドラマに出ていた田中好子さんがキャンディーズと言うことも今回初めて知りました。実は顔を見たときは分かったのですが、名前も初めて知りました。

幸い、今のところ我が家には病気になった人はいません。でもkassii3さんのお話を聞いて、改めて、親に、兄弟に、自分の周りの人たちに、感謝しないといけないな…と思いました。

特に用事はないけど、今日は久しぶりに実家に顔を出したいと思います(^-^)/

Re: タイトルなし

わっちさん、こんにちは!!

> キャンディーズやピンクレディーの世代ではなく、よくドラマに出ていた田中好子さんがキャンディーズと言うことも今回初めて知りました。実は顔を見たときは分かったのですが、名前も初めて知りました。

そうですか、一回り?二回り?違うのかな(笑)

> 幸い、今のところ我が家には病気になった人はいません。でもkassii3さんのお話を聞いて、改めて、親に、兄弟に、自分の周りの人たちに、感謝しないといけないな…と思いました。

私だって、何もない時は何も考えませんよ~(^^ゞ

> 特に用事はないけど、今日は久しぶりに実家に顔を出したいと思います(^-^)/

それは良い事のように思います(^O^)
何かあった時は大変な時ですからね~

何もない時のほうが穏やかで疲れません(*^^)v

No title

こんにちは。

かっしぃさんが小学生の頃から、お母さまは闘病生活をされていたのですね。

お母さまご自身、周りのご家族、ご友人も辛い日々だったとお察しいたします。

お母さまは、かっしぃさんの前では最後まで母親らしく在りたかったのだと思います。

スーちゃんの肉声を聞いたときに、最後まで女優らしいな・・と思いました。

それがスーちゃんの望んだ人生だったのですね。

癌で死去、というニュースを聞くと、どうしても亡き恩師(女性・享年53歳)を思い出します。

恩師も最後まで師匠らしく、泣き言一つ、恨み言一つ言わず、毅然としておりました。

ご主人の前では違っていたと思いますが、自分の運命を受け入れ、この世を去るときの姿を思い描いたのかもしれません。

若くして亡くなった人は、いつまでも記憶の中では若いままですね。

かっしぃさんは、お母さまの分まで長生きしなくちゃ。

ヘビースモーカーは考え物ですよ。(←最後にちょっとお説教・・(笑))

Re: No title

姫!コメントありがとう(^v^)

> お母さまご自身、周りのご家族、ご友人も辛い日々だったとお察しいたします。

遠距離、長期入院だったので、母の友だちや、おじ、おば、じいちゃん、ばあちゃんが、入れ替わり立ち替わり家に来て、おかず持ってきてくれたりしていました。当時はあんまり何も考えてなかったのですが(笑)今考えると感謝の気持ちでいっぱいです。

> スーちゃんの肉声を聞いたときに、最後まで女優らしいな・・と思いました。
> それがスーちゃんの望んだ人生だったのですね。

私も、そんな感じがしましたね。有名人は大変だな~と思ったのですが、彼女の立場からだとある意味それはしなければならない事だったのかもと。

> 癌で死去、というニュースを聞くと、どうしても亡き恩師(女性・享年53歳)を思い出します。
> 恩師も最後まで師匠らしく、泣き言一つ、恨み言一つ言わず、毅然としておりました。
> ご主人の前では違っていたと思いますが、自分の運命を受け入れ、この世を去るときの姿を思い描いたのかもしれません。

自分を保つ一つの方法かもしれませんね。

> 若くして亡くなった人は、いつまでも記憶の中では若いままですね。

確かに、母の友だちがおばあちゃんになってきてるので、何か変な感じです(^^ゞ

> ヘビースモーカーは考え物ですよ。(←最後にちょっとお説教・・(笑))

ううううう、じいちゃん、ばあちゃんにずっと言われてた(^^♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kassii3.blog129.fc2.com/tb.php/124-667b408c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。