スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高木仁三郎さんの本! 


読んだ本です。1993年の出版、最近新装版が出たやつです。
511df9Ctb7L__AA115_.jpg
市民科学者、反原発市民運動家で2000年にお亡くなりになった、高木仁三郎さんの講演録です。
原子力研究者として反原発活動をして、今でも活動している「原子力資料情報室(NPO法人)」の設立に寄与し
た方です。

恥ずかしながら、知りませんでした(-.-)

少しボリュームがあって、私には読むのが大変でした。今ではよく耳にするシーベールト、ではなく単位としてレムが多用されているので、頭混乱です。(1シーベルトが100レム、1レムが10ミリシーベルト・・・ぶつぶつぶつ)

これを、私がちゃんと理解するには相当な覚悟が要りますです。

内容は、
1.原子力発電とは(加圧式とか沸騰水型とか)
2.原発事故(チェルノブイリとか今までの日本の事故とか・・)
3.原発事故の影響
4.核燃料サイクルとは
5.六ヶ所村計画
6.エネルギー問題
7.プルトニウムについて
です。
3を除いて、かなり私にとっては細かな、ちょっと専門的な説明もあって、本当に理解するのは無理目なのですが、まあどれをとっても原発は危ない、不要だ~~~という説明です。
もちろんと言えばなんですが、今回の事故も充分に想定内である記述があります。
政府の対応なんかも含めてです。

3は低線量放射線の問題、しきい値なし、恣意的なチェルノブイリ調査の問題等々、です。

小出さんが言っている事と同じような感じでしょうか。


原子力オタクになるくらいの覚悟がいるな~~~~

↓今日はピアノのレッスンです。
ポチッと応援よろしくです(^^♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kassii3.blog129.fc2.com/tb.php/156-ecc63e2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。