スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定的影響と確率的影響 

今日も少しお勉強の整理!

放射線での被害については、色々分けて考える方法があるようですが、良く言われているのが、確定的影響と確率的影響。

簡単に言うと、確定的影響とは、放射線の影響で白血球が少なくなったり、極端に言うとヤケドをしたり。
明らかに放射線によって体に異変が起こるとが医学的に証明されている影響。
まあ、原発で作業している人たちのように、高い放射線量を浴びた時です。
けど、これは普通の人にはほぼ可能性が無い事です。

確率的影響は極端に言うと、医学的には直接証明されていないけれど、10年後に1万人を調べると、普通より癌の発生率が高く出ること。
ポイントは医学的に証明できない(当たり前ですが医学ですべての事が証明できるわけじゃない)が統計的?により多くの人が癌になってしまう事。
これが、普通の人が(特に今福島にいる方)が関係することですね。


別の分け方に、被害の発生する時期で、急性と晩発性という分け方(だいたい上とかぶる)
「直ちに健康に・・・・」と言った場合の分け方

又別の分け方に、浴びる放射線の量による、高線量被曝と低線量被曝の分け方(これもだいたい上とかぶる)


で、普通の人が問題となるケースは、低線量被曝で、晩発性で、確率的影響を受けた場合となります。

色々調べていると、低線量ではどれくらい確率的影響があるのかは、色んな調査結果があるみたいです。どれが本当なのか分かりません。悲しいかな今回の件で、多くの調査がされるでしょう。


今日は、くだらん種類分けの話ですが、「直ちに健康に・・・・」の言葉が、間違ってはいないけれども不誠実な言葉であって、うそは言っていないと、言い訳を含んでいる分、悪質な言葉である事をより感じた次第です。


例えば10年後に、癌の発生率が上がった場合に、医学的に証明できなければ、通常の法律では損害賠償はできません(因果関係を証明できなければ請求できない)。でも、統計的に確実に増えてきた場合には、政策として悲しいかなお金だけでも救済する必要がでてきます。そんな社会体制を築く必要があります。他人事じゃないです(-"-)




↓勉強はまだまだ続きます<(_ _)>
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

原発漫画「パエトーン」

むか~し読んだ漫画に原発が出てたのを思い出したので
調べたら電子ブックになってたのでリンクを持ってきました

■パエトーン
http://www.usio.co.jp/html/paetone/index.html

これを原発関係の大学教員に見てもらったのですが、色々間違ってるようです(説明してもらったけど英語とか数字とかが多く、意識が遠のいたので全然覚えていません 笑)

原発ってロケットで宇宙に捨てられないのですか?ぽいっと。このままだとゴジラ(放射能を浴びて出てきた怪獣)が絶対出ますよ~~

Re: 原発漫画「パエトーン」

みかんぴあのさん、こんにちは!

> むか~し読んだ漫画に原発が出てたのを思い出したので
> 調べたら電子ブックになってたのでリンクを持ってきました
>
> ■パエトーン
> http://www.usio.co.jp/html/paetone/index.html

わあ、どうもです。今全部読ませてもらいました。
人間、進歩してないですね(>_<)

> これを原発関係の大学教員に見てもらったのですが、色々間違ってるようです(説明してもらったけど英語とか数字とかが多く、意識が遠のいたので全然覚えていません 笑)



> 原発ってロケットで宇宙に捨てられないのですか?ぽいっと。このままだとゴジラ(放射能を浴びて出てきた怪獣)が絶対出ますよ~~

ああこれ、私も考えました。宇宙に放り出すのもなんだから、太陽めがけて投げだすとか(^^ゞ

どうにか、しなくちゃですね(;一_一)

こんばんは

プレインベンションと同様、原発問題に燃えてますね。

>「直ちに健康に・・・・」

やつらがよく使うセリフですわ。
ま、責任逃れのためのセリフとよくききます。

専門家は怖いと知ってたはず

うちに「風は吹くとき 篠崎書林」という「スノーマン」で有名なレイモンド・ブリックスの絵本があります。1982年初版。核戦争が起こっても当局を信じ続け、亡くなっていく田舎の善良な夫婦のお話。(;_;)
そして今回の地震直後、親友が置いて行った本「原発はなぜこわいか 高文研」1980年初版。

30年前から今回のこと予測出来たはず。政治家も科学者も知っていて、知らないふりし、目先の利益追求に走り取り返しのつかない結果に。

原発作り続けた政党が現政権批判してるの見るとがっかり。(-_-)
起こってしまった事実には何とか対処するしかない。
私たち、中曽根世代よりは持続可能な地球環境を考えられるはず。
あと2倍生きる予定(^_^;)だし、次世代に負の遺産ばかり残すの嫌です。
これ以上事態悪くならないようみんなで何とかしましょう!!




Re: タイトルなし

となちゃんさん、 こんばんは!

> プレインベンションと同様、原発問題に燃えてますね。

原発は燃やしたくないですが、燃えています(^^ゞ

> >「直ちに健康に・・・・」
> やつらがよく使うセリフですわ。
> ま、責任逃れのためのセリフとよくききます。

責任逃れ・・・・責任押し付け、子供達や次の世代へですね(-"-)

Re: 専門家は怖いと知ってたはず

NOだめさん、こんばんは!

> うちに「風は吹くとき 篠崎書林」という「スノーマン」で有名なレイモンド・ブリックスの絵本があります。1982年初版。核戦争が起こっても当局を信じ続け、亡くなっていく田舎の善良な夫婦のお話。(;_;)
> そして今回の地震直後、親友が置いて行った本「原発はなぜこわいか 高文研」1980年初版。

「風がふくとき」はアニメを観た事があります。淡々とした時間の流れが恐怖でした(-.-)
今考えると、あそこに政治家がいて「直ちに健康に影響はないです」と言っている場面を入れたら今の日本の状態を表しているかもしれません。

> 30年前から今回のこと予測出来たはず。政治家も科学者も知っていて、知らないふりし、目先の利益追求に走り取り返しのつかない結果に。

そうですね、ただ私は無責任なのですが、それでもなってしまった事は受け入れるしかない現実があると考えます。驚きと悲しみは、これを経験して、そしてそれなりに情報を得たりしても、なお、まだ原発は必要だとか言っている人が多い事です。


> 原発作り続けた政党が現政権批判してるの見るとがっかり。(-_-)

まったく、そのとおりです。

> 起こってしまった事実には何とか対処するしかない。
> 私たち、中曽根世代よりは持続可能な地球環境を考えられるはず。
> あと2倍生きる予定(^_^;)だし、次世代に負の遺産ばかり残すの嫌です。
> これ以上事態悪くならないようみんなで何とかしましょう!!

ですね(=^・^=)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kassii3.blog129.fc2.com/tb.php/165-ca1af921

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。