スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジピとアコピ! 


記憶が薄れる前に、私が感じたデジピとアコピの違いを少々(^^ゞ

一番感じた事は・・・・・
アコピは音がでかい(笑)

デジピは音がでかいと思えば、ボリュームを下げれば良いわけですからね~~
アコピは当たり前ですが音の強さの責任は全部自分にかかってくる。

自分の感覚で普通の強さでアコピを弾くと大きい、小さくすしようとするとふにゃふにゃになるので、それなりの音量で楽しむわけですが、ビンビン物理的な感じで響きが伝わってきます。

そうそう、共振というのでしょうか、弾いていると、変なところがぶるぶる震えているやつ。
近くのプリンターが震えているようなのですが、何となく楽しくてそのままにしています(^_^;)


アコピは普通に弾いてるつもりでも、変な音(びや~~~ん)が、響く事がある。
何なんでしょうね???まだ再現性を理解してないですが、気持ちが悪い。

デジピは一応押さえれば音が出てくるが、アコピはそうでない場合もあるようです。


あとはタッチですかね。高級デジピはタッチを変えたりできるようで違うと思うのですが、私の使っていたデジピは鍵盤がぴょ~んと跳ね返って来る感じがあって、その感じがしない。まあ、タッチが気持ち良い(^^♪


後は・・・・・美しい!!(^O^)美術品、芸術品ですね~~~~見てても楽しい(笑)



そうそう、勢いで買ったので、詳しく仕様を確認してなかったのですが(^^ゞ

譜面台が大きいのですが、その裏がこんな感じです
譜面台
見えにくいですね~~~網になってるんです。

ピアノの中から見ると
譜面台の裏

あは、これも見えにくいですが、丸い穴が二つ開いているんです。

トーンエスケープと言うそうなんですが、基本箱状態のアップライトの音は籠りやすいので、前面に穴をあけて音が抜けるようにして響きを豊かにしている?そうです。

後、これも全然わからないでしょうが(^^ゞ
蓋
蓋が、ゆっくり閉まる、ソフトランディング機構という奴です。日本の得意な技術っぽいです。

これに慣れちゃうと、そうじゃないピアノの時、気をつけなきゃです。


後、アグラフとか響板支持構造?????まあ、いいでしょう。綺麗な音色の為の工夫があるそうです。


まだまだ楽しいアコピちゃんです(=^・^=)







↓不満な点は、サイレントのときの音が、安っぽい事かな~~~~~
ぽちして頂けると嬉しいです(^v^)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

先生の処のGPと私の電Pしか弾いていませんが・・・
GPはフォルテが綺麗に出るがピアノが大すぎる・・・
電Pはフォルテは音が割れるがピアノは綺麗に出る・・・
GPはフォルテでハノンを弾いても手が痛くならないけど電Pは底突きで手が痛い・・・
GPや生Pはでかいけれど電Pはjコンパクト・・・

Re: タイトルなし

我楽多さんこんにちは!!

> GPはフォルテが綺麗に出るがピアノが大すぎる・・・
> 電Pはフォルテは音が割れるがピアノは綺麗に出る・・・

ふむふむ、GPはでかい。すご~~く大きい音がでるので、少々の大きさは軽くでる、かな(^^ゞ

> GPはフォルテでハノンを弾いても手が痛くならないけど電Pは底突きで手が痛い・・・

健康には注意しましょう!

> GPや生Pはでかいけれど電Pはjコンパクト・・・

これ、思います。それに、重い(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kassii3.blog129.fc2.com/tb.php/188-02c06003

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。