スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな音♫ 


小さな音を出すって難しいですね。

悲愴二楽章を弾いていて、音の大きさで注意していることに

1、メロディーを出す。
2、もちろんメロディ部分を大きくする。
3、伴奏部分を小さくする。がちゃがちゃしない。
4、親指が大きくなりやすいので注意する。
5、それらを意識できるように、よく音を聞く。

こんな感じかな~まあ、基本それなりにやさしく弾こうとしています。

ただ、小さく!と思うと、かすれちゃうんですね~~

ゴルフでパターがショートする残念な感じ(笑)

まあ、自分のピアノだとやはり慣れているのでまだ感じはつかみやすいですが、次に良く弾いてるレッスンでのピアノでも、まあ、余りに情けない。

しっかり弾いた方が、まだ落ち着くんだな~~

どうなんだろう、しっかりと小さく弾く(@_@;)

私にできるのか・・・・・・・・


↓ブツブツブツブツ(^_-)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

譜読みはフォルテでっ!

パターゴルフ(?)しか、やったこと無いけど
あの、スカした感じ、わかりますよー。

「f」が出せなければ
「p」は弾けませんよ。
後は親指と人差し指を制御できればOK

メロディー出すのが難しい曲。
頑張ってくださいねっ!

難しいですね

メロディーは、はっきり出す。
でも優しく柔らかく...
加減が難しいですね(^^;)

昔、ビリージョエルがモチーフに
使った、「This Night」って曲、
ご存知ですか?↓(Youtube)
http://www.youtube.com/watch?v=kk3RqDUk-es&feature=related

Andante cantabile
=ゆったりと、歌うように

とあるように、歌いながら弾いてみるのも、何かを掴むキッカケになるかも
知れません(^^)

↑偉そう?だったら、すいません(^^;)

↑さっきの・・・

ビリージョエルのyoutube
著作権の問題(?)か、わかりませんが、
悲愴と似てる部分、カットされてましたね(^^;)

こちらの方は、カットされてない方です(^^)↓
http://www.youtube.com/watch?v=Dnn_Tv5KebQ&feature=related

Re: 譜読みはフォルテでっ!

とおんさん、こんにちはです!!

> パターゴルフ(?)しか、やったこと無いけど
> あの、スカした感じ、わかりますよー。

はははそうそう、すかしたて残念な感じ、もっとしっかりしろ~です(^u^)

> 「f」が出せなければ
> 「p」は弾けませんよ。
> 後は親指と人差し指を制御できればOK

ふむふむ、そうか親指ばっかり意識してましたが、強力人差し指も要注意ですね。

> メロディー出すのが難しい曲。
> 頑張ってくださいねっ!

ありがとうございます!
今までならもうOKな感じなのですが(^^ゞ譜読みが私なりに早くできた分、頑張りたと思います。

Re: 難しいですね

Naoさん、こんにちはです!!

> メロディーは、はっきり出す。
> でも優しく柔らかく...
> 加減が難しいですね(^^;)

加減ですね!はっきり出そうとすると、びっくりするような音しか出ません(^^ゞ

>
> 昔、ビリージョエルがモチーフに
> 使った、「This Night」って曲、
> ご存知ですか?↓(Youtube)
> http://www.youtube.com/watch?v=kk3RqDUk-es&feature=related
> Andante cantabile
> =ゆったりと、歌うように
> とあるように、歌いながら弾いてみるのも、何かを掴むキッカケになるかも
> 知れません(^^)

ふふふ、知ってますよ~~と言うか、ビリージョエルの曲の方から悲愴二にやってきたような感じです(^.^)/~~~私の高校生の頃、流行っておりました!

動画も、まだぷくぷくじゃない時のやつですね(^_-)
かっこいい!!
私の場合このイメージがあるから、少し激しくしたいような欲求があるかもしれません。

> ↑偉そう?だったら、すいません(^^;)

なにをおっしゃる、ありがとうございます(^_-)

そうでやすね!

ppが弾ければ怖いもんなしでやす♪
本まに軽く触る様な感じでござりマスだぁ。
かすれちゃうというのが怖いんでやすねぇ。
でぇなんや言葉で説明難しいんでやすよねぇ。
大体がタッチってぇのは
フィーリングでやすからねぇ。

基本は腕で弾くんでやすがぁ、更に言えば
肩甲骨の下の筋肉で弾くんでやすがぁ…
言葉で得られにくいすよねぇ。

そうそう、鍵盤の上に指置いて
指の重みだけで弾いてみて下されやぁ

うん、難しいっすねぇ。
でぇ、ベーはFではなくて
PとかPPが勝負でやすねん。

頑張ってつかぁさい!

Re: そうでやすね!

bamamanさん、コメントありがとうございます(^^♪

> ppが弾ければ怖いもんなしでやす♪
> 本まに軽く触る様な感じでござりマスだぁ。
> かすれちゃうというのが怖いんでやすねぇ。
> でぇなんや言葉で説明難しいんでやすよねぇ。
> 大体がタッチってぇのは
> フィーリングでやすからねぇ。

ふ~む、かすれは何か心の弱さが出ているようで嫌なんです(^^ゞ

> 基本は腕で弾くんでやすがぁ、更に言えば
> 肩甲骨の下の筋肉で弾くんでやすがぁ…
> 言葉で得られにくいすよねぇ。

ハイ!全然分かりません(爆)

> そうそう、鍵盤の上に指置いて
> 指の重みだけで弾いてみて下されやぁ

おおお、これならイメージが湧きます(^_-)

> うん、難しいっすねぇ。
> でぇ、ベーはFではなくて
> PとかPPが勝負でやすねん。
> 頑張ってつかぁさい!

ありがとうです(*^。^*)小さきゃ良いってもんじゃないでしょうが少しは頑張ります!!!

ビリージョエル

私もビリージョエルすごく好きでした(^^)
This Night流行ってた時、多分、中学1年だったと思います。
あの曲が先に耳にあったので、
悲愴も好きになったんだと思います(^^)

それから、2,3日前くらいから、
何気にブログも始めてみました。

つまらないと思いますが、
お暇なときに、見ていただければ(^^)

http://profile.ameba.jp/jj-cantabile/

Re: ビリージョエル

Nao さん、こんばんはです!

> 私もビリージョエルすごく好きでした(^^)
> This Night流行ってた時、多分、中学1年だったと思います。
> あの曲が先に耳にあったので、
> 悲愴も好きになったんだと思います(^^)

え~と、高校の頃に流行っていたから指折り数えて(^_^;)

> それから、2,3日前くらいから、
> 何気にブログも始めてみました。
> つまらないと思いますが、
> お暇なときに、見ていただければ(^^)
> http://profile.ameba.jp/jj-cantabile/

今行きま~~~すφ(..)メモメモ

pp苦手です。昨年の発表会にラフマニノフのプレリュード作品23-6を弾きましたが、最後が両手でppで上昇して下降するというもので、綺麗に音を出しつつppを保つのに四苦八苦しました。先生からは、ppが一番力が必要なので、ppの箇所はffでスタカートで練習を続けて筋力つけてからppの練習をするように言われました。後からすんなりppでできるようになりましたよ。

Re: タイトルなし

lakmeさん、こんにちは!!

> pp苦手です。昨年の発表会にラフマニノフのプレリュード作品23-6を弾きましたが、最後が両手でppで上昇して下降するというもので、綺麗に音を出しつつppを保つのに四苦八苦しました。先生からは、ppが一番力が必要なので、ppの箇所はffでスタカートで練習を続けて筋力つけてからppの練習をするように言われました。後からすんなりppでできるようになりましたよ。

おおおおPPは一番力が必要φ(..)メモメモ
ちょうどいいところを保つコントロール感とか緊張を保つ精神力とかは必要だろうと思っていましたが、それらのためにも筋力が必要と解釈しちゃいました(^_^;)

ppは・・・

必ず鍵盤に指がついているのを確認してから音を出すぐらいの感覚だと、最低限、音が出ないとか、鋭くて大きな音になるとかはないと思いますよ。
ベー様は保持音が多いんですけど、保持している指を軸にして勢いよく打鍵してしまうとどうしても強くなりがちなんで、兎に角落ち着いてまずは指を鍵盤においてから弾く・・・。
ピアノは打鍵速度が遅いほど小さな音になりますからね。

悲愴はそもそも、Adagio cantabile指定なので、
慎重にとか、気をつけてとか、余裕をもって歌えということなので、全体を通して、1つ1つの音を慎重に弾いてもいいぐらいの曲。

イメージを持つと弾きやすいこともありますよ?
散歩しながら道端の花を愛でる感じとか、じじばばが足元を確認しながら歩く感じとか・・(爆)

具体的には、鍵盤の上に指を置いてそのまま音のなるぎりぎりの速度で落とした時の音です。
それがkassii3さんのpp。
音がなるぎりぎりを保つには、保持するだけのコントロール力と注意力が必要なんで、急には出来ないと思うんですけど(私もできません(爆))、何度もやってると感覚はつかめると思います。
本当は鍵盤を押して抵抗があるところを確認して、そこから音のでるぎりぎりの速さで指を落とすことが出来れば完璧なんですけど、そこまで考えていると上級者の怪しい世界に入ってしまうので・・・・・・・・(苦笑)
まあ、余裕があればやってみてください(大爆)

Re: ppは・・・

tukushi さん、こんばんはです!!!!!!

> 必ず鍵盤に指がついているのを確認してから音を出すぐらいの感覚だと、最低限、音が出ないとか、鋭くて大きな音になるとかはないと思いますよ。
> ベー様は保持音が多いんですけど、保持している指を軸にして勢いよく打鍵してしまうとどうしても強くなりがちなんで、兎に角落ち着いてまずは指を鍵盤においてから弾く・・・。
> ピアノは打鍵速度が遅いほど小さな音になりますからね。

おおおおおおφ(..)メモメモ、指を付けてから弾く感じ、ふむふむ具体的に理解できます。

> 悲愴はそもそも、Adagio cantabile指定なので、
> 慎重にとか、気をつけてとか、余裕をもって歌えということなので、全体を通して、1つ1つの音を慎重に弾いてもいいぐらいの曲。

慎重とかの意味もあるのですか~ふむふむ

> イメージを持つと弾きやすいこともありますよ?
> 散歩しながら道端の花を愛でる感じとか、じじばばが足元を確認しながら歩く感じとか・・(爆)

やばい!いらちの私は、見ているとイライラしてくる(笑)

> 具体的には、鍵盤の上に指を置いてそのまま音のなるぎりぎりの速度で落とした時の音です。
> それがkassii3さんのpp。
> 音がなるぎりぎりを保つには、保持するだけのコントロール力と注意力が必要なんで、急には出来ないと思うんですけど(私もできません(爆))、何度もやってると感覚はつかめると思います。

音の強さってパワーじゃなくて、本当はスピードなんですよね~
ついつい忘れちゃいます。

最近四台グランドを(各々20分ほど)弾いたんですが(子供達の学校で順番に(笑))、それぞれ自分で思うPPを捉えるのに10分ほどかかりました。あたりまえでしょうがピアノによって違うんですよね~

> 本当は鍵盤を押して抵抗があるところを確認して、そこから音のでるぎりぎりの速さで指を落とすことが出来れば完璧なんですけど、そこまで考えていると上級者の怪しい世界に入ってしまうので・・・・・・・・(苦笑)
> まあ、余裕があればやってみてください(大爆)

怪しい世界までは行くつもりは全くないですが(爆)覗きたい気持ちはあります(^^♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kassii3.blog129.fc2.com/tb.php/335-9a704e1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。