スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団四季の凄いところ 


今日は劇団四季のはなし、私の浅い独断と偏見なので、劇団四季に詳しい方、ハマってる方ご容赦を<(_ _)>


問題!

劇団四季の・・・・・・・はすごいらしい!!
これって、それなりに有名なキャッチフレーズ。

・・・・・・・ の答は、オペラ座の怪人 (^。^)y-.。o○ うまいよね~

私がミュージカルを観劇するようになったのはここ数年なので、深い話ではありません。

劇団四季の名前は知っていたのですが、ミュージカルを観劇しだしてからも、少しの間は避けていました。

何故なら、劇団四季って年がら年中、いつくもの演目を近くでやっているのですから。

ハマっちゃたら、財布がもちません(笑)

でも、ミュージカルの高熱に襲われていた私は我慢できなく手を出してしまいました。

プログラム
重たいプログラム達です(^。^)

今は、高熱もおさまり、ちゃんと常識的?な観劇ペースですが、一時期は人には言えませんでした(笑)

劇団四季の素敵なところを上げれば、色々ありますが(もちろん残念なところも)、今日は一つだけ。

劇団四季の「経営」はすごいらしい!

経営的になりたってる。専用劇場をバンバン建てる。儲かってる?まあ、そんな事はいいのですが、私が思うに素敵だと思うことは、俳優さんたちが毎日のように舞台にたっている(その機会がたくさんある)、それなりに給料をもらっている(その人数もたくさんの演目があるので大人数)。ロングラン形式で幾つもの演目を同時に行っている事実です。やはり、これって凄いことだと思います。

ブログネタ 001
これは、劇団四季の会員(四季の会)の機関誌「ラ・アルプ」。
でもやはり経営的に成り立たせるのが大変なのか、経営自慢がちょっと鼻につきます(^。^)y-.。o○


ここで、ちょびっと自慢?話を<(_ _)>

去年、教育関係の話で国会議員に陳情をしたのですが、その某衆議院議員が劇団四季と浅からぬ関係の人で(その人が書いた劇団四季についての本が劇場で売ってました)、その際に私と話した事が「子役の人たちの就業時間を例外的に伸ばすことについて」でした、子役の人って法律の関係でカーテンコールに出られないケースが多いんです。それをどうにかしたい!本来の目的を忘れて話が盛り上がった馬鹿な私です(;一_一)



ここまで読んでいただいた方、もうひと押しお願いいたします。
↓ポチっとして頂けると嬉しいです(^-^)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kassii3.blog129.fc2.com/tb.php/48-6bb81d42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。