スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レミゼ観劇記 6/28 ソワレ 

ミュージカル、レミゼ話が続きます(^o^)/

早くしないと、忘れちゃう〜〜

先週の金曜日のソワレ(夕方の部)新演出2回目・・・少ないな(涙)



主要キャストは以下のとおり!

バルジャン「福井昌一」様
ジャベール「川口竜也」さん
エポニーヌ「笹本怜奈」ちゃん
ファンティーヌ「里アンナ」さん
コゼット「磯貝レイナ」さん
マリウス「田村良太」さん
テナルディエ「萬谷法英」さん
マダム・テナルディエ「谷口ゆうな」嬢
アンジョラス「上原理生」さん
司教「古澤利夫」さん
ガブローシュ「加藤清史郎」くん


バルジャン役の福井さん、観れて良かった〜〜〜〜〜♬
元劇団四季で、退団後の初仕事かな?
最後に観たのが、確か2〜3年前のキャッツのマンカストラップ役。
実力はもちろん十二分、これからも色々出てくれると嬉しいんだけど

前回もジャベール役は川口さんだったのですが、前回は少し登板過多が祟っていたのか、歌の見せ場の張り上げる所が、残念な状態だったのですが、今回は彼のこの役に賭けている気合いがそのままストレートに現れているように感じました。良かった!良かった!

私の歌姫エポニーヌ役の玲奈ちゃん♡ ハイ! あなたの歌声を聴き、演技を観るだけで、おじさんは至福なのです(笑)

私の推しメン、マダム・テナルディエ役の谷口ゆうなさん♬
旧演出では、凄くコミカルな役なのですが、新演出ではコミカル度が下がり、嫌な雰囲気をアップ!
チャーミングな人なのですが、役では嫌〜〜〜な感じ爆発ヽ(^◇^*)/

すごく気になる司教役の古澤利夫さん。
どっかで 聞いた事あると思っていたのですが、プロフィールを見てびっくり( ̄Д ̄
「ていおんブラック」だ〜〜〜〜
この役、歌うまの人の役だと思うのですが、この古澤さん、クラシック畑の人なのです。かなり前にyoutubeで見つけた「ていおん」ってグループの一人。テノールがいないバスとバリトンで構成する若手コミック(失礼)声楽家達で、アニソンとか歌ったぐだぐだの動画とかが面白いのです(笑)帝劇の舞台でお会い出来るとは思わなかったな〜〜〜〜〜

ガブローシュ役の子供店長、加藤清史郎くんは2年前にも同じ役でした。前も凄いと思いましたが、声変わりが近いのか少しガラガラ声であっても、抜群の存在感、歌も演技もいいですね〜〜旧演出での見せ場が、新演出で無くなっていたのが残念でしたが・・・



さて、今回の観劇で私の解釈、考え方が変わった所があります(●⌒∇⌒●)

マリウス役の田村良太さん。歌はうまいのですが、線が細い感じなのです(体&歌)。
同じ役に今回は山崎育三郎くんと原田優一くん、若手イケメン俳優枠です。
私の好きな原田優一くんは、若手だけど貫禄と言っちゃ〜何なんですが、凄く一本筋が通った実力を感じさせる方です。育三郎くんも何となくなよなよしているようなイメージはあるものの、実は役者としてキリッッとしているのは間違いない!それに引き換え、田村くんは、すごく繊細な感じな訳であります。極端に表現すると「弱い」です。(批判してる訳ではないです。カフェソングも凄く良かった♬)

そして映画でもそうでしたが、コゼット役の方が「強い」(笑)
前回は若井久美子さんも強く、身長が高いのでそう感じたのかもと思ったりしていましたが、ちっちゃい磯貝さんも強かった〜

今までのコゼットのイメージは、被保護者、受け身、お人形、自己主張しない、等々主体的でなかったのですが新演出では、バルジャンにも強く当たり自分を主張出来る強さを持つイメージです。それが、弱いマリウスだと強調される♬

私の泣きポイントである、バルジャンが昇天する場面の歌詞に「誰かを愛する事は〜神さまのお傍にいる事だ〜♬」ってのがあります。

人を愛する事が幸せである。コゼットを愛せた事が私の幸せだった!コゼットありがとう!って事でしょう?

ここで私の思考は停まっていたのです。そして、状況からバルジャンは愛するコゼットを自分に変わって保護してくれる人が現れた事で安心して昇天出来る。って解釈していたのです。

でも、マリウスが弱いのです(爆)安心して任せられないのに、気持ちよく昇天して行きます♬

何故に??

元に戻ります(^o^)/

コゼットがマリウスを愛したからです♡ バルジャンが感じた幸せをコゼットも感じる事ができると確信したから・・・う〜〜ん、ここでコゼットが受け身ではなく、主体的、能動的な人間である必要がある!!

新たな考えじゃないのは重々承知ですが、自分の中では強いコゼットが妙に納得した観劇でした♬




レミゼの東京公演はもうすぐ終わってしまいます。福岡、大阪、名古屋の公演はありますが、遠征する元気がないので私のレミゼは今回はもう終わり!!

と、思っていたら、11月に帝劇で凱旋公演をやるって〜〜〜〜〜〜( ̄_ ̄ i)

嬉しいけど、出費じゃ〜〜〜〜(涙)






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
↑ランキング参加中!ポッチとしてくれると嬉しいな~~♪
関連記事

コメント

私も映画を観た時から、コゼットしっかりものだなあ~と感じました。
そして、今回のマリウスを愛するコゼットということのご意見納得です!
今まで私も、コゼットがマリウスに愛されてこれで安心してバルジャンは死んでいけるの図と思っていました。
がっ!そうですよね。逆ですよね。
映画でそれを実感しました。
映画のマリウスも弱弱しかったですもんね~。
だから、舞台でも弱弱しいマリウスの演技が正解なのかな。
明日はマイ楽にして、ずっと原田君だった歌ウマのマリウスから育三郎マリウス。
サイゴンの時は、クリスは原田君のほうが好みでした。
育三郎マリウス初演の時は、なんて歌上手い人なんだ~という印象でしたが、今回はどんな感じなのか楽しみ。

Re: タイトルなし

菜月様、こんばんはです(^o^)/

> 私も映画を観た時から、コゼットしっかりものだなあ~と感じました。
> そして、今回のマリウスを愛するコゼットということのご意見納得です!

おおおおありがとうございます♬これでコゼットも晴れて主役級に(笑)

> 今まで私も、コゼットがマリウスに愛されてこれで安心してバルジャンは死んでいけるの図と思っていました。

ですよね〜〜それでも十二分にうるうる来ていたのですが♬

> がっ!そうですよね。逆ですよね。

ふふふふふ、観劇していて、「あっ」って感じる瞬間も乙なもの(●⌒∇⌒●)

> 映画のマリウスも弱弱しかったですもんね~。

映画はアップになるので、ぼろぼろ泣きじゃくる映像ですしね・・・

> だから、舞台でも弱弱しいマリウスの演技が正解なのかな。

さて、それはどうかな〜(・_・)

> 明日はマイ楽にして、ずっと原田君だった歌ウマのマリウスから育三郎マリウス。

明日・・・・・福井バルジャンに、吉原さんのジャベールじゃないですか〜〜
あ〜〜〜〜〜〜正直一番観たかった組み合わせです。良いな〜〜
それに楽前で、福井さん以外は全員楽じゃないですか♬

> サイゴンの時は、クリスは原田君のほうが好みでした。

私もクリスは原田くんに一票でしたね〜育三郎くんの甘いイメージが損な役かな〜(だからといって甘い雰囲気とかは全然感じなかったですが)

> 育三郎マリウス初演の時は、なんて歌上手い人なんだ~という印象でしたが、今回はどんな感じなのか楽しみ。

楽しんで来て下さい!!!!!!(良いな〜〜〜〜〜〜〜♬)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kassii3.blog129.fc2.com/tb.php/665-73957058

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。