スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声とピアノのアンサンブル 

昨日は、小さなコンサートに行ってきました。
バリトン歌手の須藤慎吾さん、ピアニスト服部容子さん、二人だけのコンサート。
仕事場の近く、100人くらいの小さな会場でした。

ちょっと前に義理の妹から、「高校の合唱部の後輩がバリトン歌手で今度小さなコンサートするから聞きに来ない~」との連絡が。義理の妹は六つ下で、私と高校は同じ、部活も合唱で同じ、私の後輩です。
「ほらほら、○○先生の自宅の下の中華料理屋さんの息子よ~」とおばさんトーク爆裂なのですが(笑)これも縁ですね、楽しみに出かけました。

須藤さんはバリトン歌手で、藤原歌劇団のソリストなのだそうです。歌劇団といえば、宝塚歌劇団と帝国歌劇団(笑)しか知らない私ですが、調べてみると数少ないオペラを行っている歌劇団。彼はオペラ歌手!のようです。

コンサートはベッリーニ(初めて聞いた名前ですが(^^;;)作曲の小作品を10曲ほど、アンコールでオペラの曲?を聴かせてもらいました。伴奏の服部さんも一曲だけ、軽やかにバッハのイタリア協奏曲を演奏していただきました。

素敵な時間を過ごしたのですが、やはり、生で手の届きそうな場所での響が伝わってくる感じ、迫力と余裕、良いですね。イタリア語がわかればいいな~と一瞬だけ思いました♪( ´▽`)


で、義理の妹の感想「須藤君大きくなったね~、ひょろひょろだったのに!」
アラフォーおじさんだっつーの!!





ポチっとしてくれるとすご~く嬉しいです(*^^)v
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村


関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kassii3.blog129.fc2.com/tb.php/76-907b854b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。