スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競争原理を超えて! 

子供たちが通っている、飯能の山の中にある学校の名前は「自由の森学園」と言います。

この学校は、設立25年位なのですが、その学校の設立理念の基になった考え方を書いてある本が、遠山啓(トオヤマ ヒラク)氏の「競争原理を超えて」という本です。

私は五年ほど前に知りました(^^ゞまあ読みやすい本ですが、当時の教育関係者の間ではベストセラーだったようです。

1976年発行ですから、私がちょうど子供の頃です。当時の教育の荒廃に嘆き、分析し、教育の方向性を提言しています。そう言えば中学校の頃は荒れてたな~~~という思い出はあります。

京大入試カンニング事件などもあり、この本の事を思い出していました。

ごくごく簡単に言うと、テストの点数による序列・選別は差別の一種である。テストによる点数主義の不毛を唱えて、序列主義を批判して、自立する人間を育てる教育や学問について考える。ような感じです。一言でいうと難しくなりますね( 一一)

具体的に言うと、テストや点数による評価なし!!!です。

世の中にはすばらしい教育論の話はたくさんあると思います。

でも、それを実際に現実の学校の基本理念として運営することは大変なことであろうと想像できます。

じゃあ、現実はどうするのよ~~~~と言う事です。

この学校は、定期テストはありません。五段階評価とか、十段階評価とかも基本ありません。制服もないし、校歌も校章も生徒手帳も規則もありません。

でも、色々と素敵と思われることが現実に運営されています。もちろん問題もたくさんある事でしょう。悩みながら、試行錯誤をしながら、学びってなんだろうからいつも考えながら、子供と教員が向き合いながら学校生活を続けています。

そんな姿勢から、私もたくさんの刺激を受けています。

まあ細かな事ですが、例えば、分数の割り算って子供に教えられますか???
小学校で習う事ですが、私は教えられませんでした(>_<)
計算の答えとしては、ひっくり返してかければいいのですが、なぜなの・・・・
分かっている人には当然のことなのでしょうが、私は全然覚えてもいなかったし、ちゃんと理解もしていませんでした。これを中学の最初のほうにやります。


ひっくり返してかければ良い。だけの人
ポチッとよろしく。励みになります(*^^)v
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

関連記事

コメント

自由の森学園!なるほど。かなり昔に耳にしたことありますが、学園の場所や方針などは全く知りませんでした。恐らく、日本全国探してもこのような学校はないでしょうね。

普通に気になったこと。 入学試験もないのですか。そして、卒業後の生徒の進路は…?
すみません、私自身中学受験したり常に偏差値やらなんやら比較されることばかりで、こういうことが知りたくなってしまうのです。
でも自分の子供達には生活の中から色々発見したり、学んで欲しいと思っています。自由の森学園、目から鱗でした。少し知ることが出来て嬉しいです。

Re: タイトルなし

ちこりこさん、コメントありがとうございます(*^^)v

> 普通に気になったこと。 入学試験もないのですか。そして、卒業後の生徒の進路は…?

親としては当然の疑問だと思います!!!

少し長くなりますが(^^♪

入学試験(ペーパーテストも)はあります。
昔の話からしますが、当初は定員の三、四倍の申し込みがあったので、どうしても落ちる人が出てきます。
全員を抽選で、という案もあったようですが、落ち着いたところが、基本的なペーパーテストやちょっと変わった自己表現活動、面接、疑似授業での感想文等、で決めていたようです。抽選枠も少しあったようです。もちろんこれが現実です。

具体的な入試方法は時々変更しているようですが、今はペーパーテストでの入試もありますが、基本的にはその子の得意な分野での入試(模擬授業での感想文作成)と面接です。

落とすための試験ではないので、どれも基本的で簡単な事のようです。

現在は子どもの人数が減っていて定員を超えることは無い状態ですが、現実に入試で落ちる人もいます。
これが難しいところで、点数で評価しないのに、ですが(>_<)
話によると、本人にこの学校に来る気があまりない場合やコミュニケーション能力に疑問を感じた場合のようです。ただ、そのハードルはかなり低い様には感じます(強力な希望や、高度なコミュニケーションを望んでいるわけではないと言うことです)。不登校であった事は全く問題にされていません。


進路ですが、これも気になる事ですよね!
これが、この学校の特徴の一つなのですが、大学に進学するためにある学校とは考えていないことです。
受験学力はこの学校では全く身に付きません( ^^) _U~~
正直に言うと、国公立、有名私立に行きたいのならかなり塾で勉強しないとだめでしょうね(笑)

しかし、現在の大学事情もあって、実際の大学進学率はかなり高いようです。指定校推薦枠はかなりありますし、嫌な表現ですが選ばなければ大学の選択肢は多いようです。論文と面接ですから、受験学力は問われません(笑)

> すみません、私自身中学受験したり常に偏差値やらなんやら比較されることばかりで、こういうことが知りたくなってしまうのです。

気持ちはすごくわかります。私もそうです。

> でも自分の子供達には生活の中から色々発見したり、学んで欲しいと思っています。

豊かさや、幸せを真正面から見つめた時に当然にそう思う事だと思います。


多様性が必要を言われているのに、教育に関して一本道しか、さし示せないことは、かなり貧しい事だと最近考えています。

この学校が、あまりに特殊である、という事自体に、社会の貧しさが現れているのでしょうか(>_<)

No title

卒業式のお話しも感動的でしたが・・

そんな学校あるのですね。
田舎に住んでいるので、
そういった個性的な学校を見たことがありません。
見学に行ってみたいです。

お子さん、のびのびと過ごされているのでしょうね~。

Re: No title

けんば~~んさん、おはようございます!!

> そんな学校あるのですね。

そんなんです(笑)
素敵だと思うのですが、実際運営していくことは大変な事だと思います。

簡単に言うと、「めんどくさい」です。

> 見学に行ってみたいです。

ビックリすると思いますよ!色んな意味で(^。^)y-.。o○

> お子さん、のびのびと過ごされているのでしょうね~。

下の娘は、中学から入って、もう三年です。
のびのびはしております(;一_一)

No title

ん~競争しかやった事がないので・・・
矢張り親とすれば進路とか就職とかどうなるの???ってところが気になります・・・
世の中に受け入れられれば良いシステムなんでしょうが・・・

Re: No title


点数主義や競争社会の問題とはいいますが、主眼は序列主義否定という考え方です。

序列で下位の者は、負け犬根性をたたき込まれ、自己肯定感を喪失してしまう事が大きな問題と私は考えます。

格差社会の拡大でより追いつめられる精神状態での生活は厳しいものになるんじゃないかと思うところです。

> 矢張り親とすれば進路とか就職とかどうなるの???ってところが気になります・・・

まあ、本人に根拠のない自信でもあればなんとかなるんでしょう(笑)

> 世の中に受け入れられれば良いシステムなんでしょうが・・・

実際は、そんな人材(表現は嫌ですが)が求められている事もあろうかと思います。

No title

地震の方、大丈夫???
お怪我や被害はなかった???

Re: No title

こんばんは!

ありがとうございます。
私も家族も家も大丈夫です(^v^)

ニュースを見ながら、茫然として祈っている状態です(>_<)


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kassii3.blog129.fc2.com/tb.php/95-8d0ac3e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。